2018年8月20日月曜日

人工知能ロボットと模型製作

 
 20年前の日本 

こんなアナログな模型業は、将来なくなると言われました。

20年後の今日、

20年前よりめちゃくちゃ忙しいです。

 レーザーカッターも3Dプリンターも導入され、

効率化が図られてるはずなのに、

仕事量は、 むしろ、 増えてます。


単純に考えると

そう、
発注が増えてるからです。

弊社だけではありません。

模型業界全体がてんてこ舞いの状態。






世界中の有識者が集まるダボス会議

そこで言われてることは、

今から20年後、

仕事の65%は現在存在してない職業が、存在すると、

予想してます。

一番先になくなる職業は、銀行だそうです。






では、模型製作業は、

どうでしょう。


個人的には、存在する

と思ってます。

ただ、今までと同じような、製作の仕方とは
異なり、

袂を分かち合う日が来るかもしれません。

残れる人と消えていく人が、はっきりと別れていくでしょう。 


単純作業は、人工知能ロボットがしてくれる時代に、
一点物の模型に、ロボット、を使って、コストが合うかという問題もあるでしょう。



人工知能ロボットは、一点物を作るためには、量子コンピューター並みの
データー処理能力が必要とされます。




人間と、人工知能の、大きな違いは、
瞬時の判断能力 


状況判断能力

私達の脳は、毎日毎秒これを無意識に行ってる。


ロボットの状況判断能力は一点物には、向かない。

というか、できない。

これが現在の、SEの人たちの結論です。
 




 


 

 



 

  


 
 

 


2018年7月29日日曜日

ジオラマ制作の注文が殺到しております。



それにしても、今年の夏は暑いです。

しかも、更に熱くなる出来事が、。。。。。


現在、
ジオラマ制作の注文が殺到しております。

ジオラマは、
いろんな作り方があるのですが、 

お客様の目的に応じて、作り方や、材料は、

全部違います。

何通りあるのかと聞かれても、
星の数ほどあります。

 
商業目的に使用するお客様が、ほとんどですが、
私達は、10年前から、

近い将来、この手の具象化された模型は、
消えてなくなると
思ってました。

模型は、ジオラマは、VR、ERに取って代わると。



ところが、取って代わったのは、
VR,ERの方でした。

映像が、人間の脳に、臨場感を訴えられるには、
まだまだ時間がかかりそうです。