2018年12月1日土曜日

ジオラマ制作のご依頼について



 2018もとうとう、残すところ、あとひと一ヶ月となってしまいました。

いやあ、今年もよく働きました。

といううか、よく作りました。

来る日も来る日も、ジオラマ制作。

マメにブログをアップしてるせいなのか、何なのか、ホームページや、
画像検索から、気に入ってくださり、問い合わせをいただくことが、
大変多くなりました。

 大変ありがたいことなのですが、同時に、別の問題が、発生しております。

ジオラマといえば、

でかい。というイメージ
ありますよね。

そのとおりで す。

そして
小さいジオラマは、

何故か弊社には依頼が来ないのであります。
 
その結果、

制作場所がない。
 
 という新たな問題が......


弊社、トラックスは、

武蔵野市、吉祥寺という閑静な住宅街の中に、

佇んでるアトリエ


スタジオジブリに、影響され、

似たような、門構えをしております。


昨年末、
ジオラマの依頼が急に増え始めたため、手狭になり

そろそろ、改装して、広げましょうか、と

改築したばかりでした。

広げたら、広げた分だけ、仕事が

増えた。

という、
プラスのスパイラル現象発生中の真っ只中に現在置かれております。



実は

お問い合わせくださった、お客様には、

丁寧に、ご説明申し上げておりますが、

ジオラマ制作に関しては、来年、2月の上旬までは

予約でいっぱいでございます。



 
ご迷惑をおかけしておりますが、
ご相談、問い合わせには、応じております。


 
そんなこんなで、言い訳がましい内容の文章になってしまいました。


さて

ここからは、うちわの話。

 この状況ですと、来年、確実におきる問題が、
予想されます。

.......
..
 
.
製作者足りない問題です。

興味のある方は、
弊社のホームページからご応募ください。

余談ですが、うちのスタッフは、キャラが立ってます。(笑)
 
 
  
  

 


2018年10月10日水曜日

ジオラマの世界観


ジオラマの世界へようこそ。

 今日は、最近の、ジオラマ制作作品をお見せいたします。

もちろん弊社制作です。
    

運動場の立て直し用のジオラマです。




土地開発用のジオラマです。





東北の震災後の再開発プロジェクトジオラマです。

もっとたくさんあるのですが、
訳あって、お見せすることができないのが残念です。



地方の山岳地帯の開発ジオラマです。
 



ジオラマ制作の肝は、
うつくしさ、
そして、正確さです。

未だに、アナログで、等高線に沿って、一枚一枚手切りで
重ねて貼っていきます。
根気のいる作業です。

手切りは、時間がかかるのですが、
切ってる間に、いろんなアイデアが浮かんできます。

 
 基本、ジオラマは、お客様のご要望に合わせて、
オーダーメイドの一点物

お互いの気持が合わないと、いい作品ができません。


制作よりも、打ち合わせに時間を掛けることはザラです。