ブログ アーカイブ

2015年8月22日土曜日

時間は未来から過去へと流れる


時間が過去から未来へと流れてる?
えっ、逆でしょ。過去から未来でしょ。

この真逆の理論、実は、チベット密教の時間論です。
私達は、時間は過去から未来に流れてると思ってます。
 
ところが、チベット密教は、この考えは誤見であり、現実には、時間は未来から過去に流れ、原因は未来にあり、結果は過去にあると考えるのが正しいそうです。

例えば、自分が認識する未来が、楽しい、明るい、素晴らしいならば、経験した過去の苦い思い出は、貴重な体験に置き換えられる(過去が変わる)という見方です。

未来の新しいエネルギーの実現を未来(原因)と、見たとします。すると2011年の、東日本大震災による原発事故(結果)は、未来の為には、必要だった。という理論です。 

ただこの理論を理解するには、抽象度の高い思考をもててる人か、IQの高い人でないと、ちょっぴり難しいそうです。
実は、国家は、この密教の時間論に基づいて運営されていたの知ってました?
 
都市計画がまさにそれです。
  
都市計画はすでに完成したプラモデルをイメージしながら、プラモデルを作る作業ににているそうです。密教の時間論が存在しなければ、今日の日本の発展はなかったかもしれないんですね。



地方の発展と町おこしは、大げさなジオラマ製作しか無いと、私達は考えてます。

ありえない、突拍子もない未来型ジオラマは、地元にエネルギーを呼び起こし、人をひきつけます。
見てるだけで、わくわくするような、ジオラマは
過去さえも簡単に書き換えることでしょう。

原因である未来を具象化するために、おもいついたことを、かたちにしてみませんか 

0 件のコメント:

コメントを投稿