ブログ アーカイブ

2016年10月8日土曜日

マンションに住み替える団塊の世代

 
マンションの販売戸数が、昨年より減少しているという報道を

新聞やSNSで最近良く目にします。

30代を中心にした購買層では、少子化の影響もあり、

個数的には、減少するのは止む終えないという見方も正しいのですが、

子育てを終え、定年後の団塊の世代が、マンションの購買層を押し上げると、

私たちは見ています。

理由は、

高齢化により、戸建てでの生活が厳しくなり、

階段も段差もない、草とりもいらない、

セキュリティーの心配もない、

光熱費のコストパフォーマンスの良いマンションに、

住み替えたほうが得だからです。




まだ元気なうちに、機能的なマンションに引っ越すのは、

節税にもなります。


社会問題にもなってる、空き家の多くは、

取り壊しに費用がかかるのと、

相続税が払えないために、放置されているのがほとんど。



家ごと断捨離して、

新しい場所で、新しいマンションで、、イキイキと生活されてる ご夫婦を、

最近は山程見かけます。


昔とは違いますね。




二人だけの生活ですが、寝室も別々。

最近の調査では、寝室は分けたほうが、健康でいられるそうです。






おすすめのマンションは、

駅のそば


 

エントランスのデザインもちょっぴり重要。

0 件のコメント:

コメントを投稿