ブログ アーカイブ

2015年5月28日木曜日

夢は現実になる



数年前、とある青年に出会いました。彼は学生時代、自ら製作の屋台で、地元の海にて、ひと夏百万円をためた男でした。その100万円を元手に上京し、東京で屋台の飲食店をはじめました。
 彼に会った時、お客様の夢はなんですか?と聞かれましたが、現状に満足していた私は即答出来なかった事を覚えてます。彼は将来、島を購入し、その島をドリームランドにする夢を持っており、ワンピースのルフィ のような目で夢を語ってました。 彼は毎年、その夢を一歩ずつ叶えていきました。そのエネルギーがどこから生まれるのかずっと不思議でしたが、現在彼は数百店舗を超える飲食店のオーナーとなり、、おそらく数年後には、ドリームランドに手が届くヒーローになるのでは 無いかと思ってます。

ある日、ふと立ち寄った本屋で認知科学者苫米地英人著書、「夢をかなえる方程式』という本 を見つけました。本気で夢を持った人間の、エネルギーの爆発力が、いかにすごいものか、科学的根拠を元に理論が綴られており衝撃的な内容でした。

 夢がかなう人とかなわない人の違い、、それは、手の届きそうもないとてつもない高いゴールを持つかもたないか、たったそれだけです。
 思い出してみると、日本の歴史に名を残してる人たちはみな、高い志を持って生きてましたね。 
坂本龍馬の常軌を逸した行動力も、認知科学理論から推察すると、理解することが出来ます。今思うと、龍馬は、毎日がとても楽しくて、ワクワクが止まらなかったでしょう。

苫米地英人氏によると 自分が心から望む、とてつもなく高いゴールを脳に焼き付けることで、大量のドーパミンやエンドルフィンが脳から放出され、とにかく行動したくて仕方なくなる、とてつもないエネルギーを生み出すのだそうです。
 
 、東日本復興計画のお手伝いをしながら、その理論は確信へと変わりました。第二、第三のルフィ青年が、一日も早く生まれるお手伝いをしたいと 心から思ってます。

     ゆめをかたちにしてみませんか?

0 件のコメント:

コメントを投稿